美容医療を上手く利用するには医師選びが必須

顔を小さくするために

診察 小顔にするためにボトックス注射を打つ場合にかかる費用は、およそ\60000ぐらいになります。ただ、その種類によって若干金額の違いは出てくるところです。悩みの解決方法は、メスなどを入れず顔を小さくすることができる点です。

詳しく見る

顔を小さくできる治療法

注射を打つ人 顔が大きいと美容の問題になりますが、簡単に小顔にできる方法としてボトックスと呼ばれる治療法があります。注射をするだけで見た目を変えられるので評価が高く、どのように自分の見た目が変わるか確認しておけば安心して利用できます。

詳しく見る

自然な変化で綺麗な印象

手術 短期間でエラ張りやたるみを解消して小顔になれる方法として、ボトックス注射が人気となっています。施術時間も短く日帰りで完了するため、休みの日を利用してプチ整形に挑戦しやすく、忙しい毎日を送る人からも好評です。

詳しく見る

美容医療で美しく

注射器

手術のいらない治療法と受ける為の方法

美容医療の発展により様々な治療法が生まれ、現在では多くの選択肢ができています。顔の大きさを改善し小顔を目指す美容整形術は以前からありましたが、現在は手術をしない治療方法があります。小顔整形の美容整形術としてよく施術されていたのが骨削りや脂肪吸引ですが、ダウンタイムも相応にあり仕事をしていたりと日頃人と関わる生活をされている方には受けにくい面もありました。また手術治療なので費用も相応に掛かる事や、効果が永久的に得られ元に戻す事が難しい面も治療を望むが一歩踏み出せない理由に挙がっていました。それらの不安要素を解消できる治療法が生まれ、それがボトックス治療と呼ばれています。ボトックス治療の内容は薬剤を注射するだけの内容なので、施術負担は金額的にも身体的にも抑えられています。効果も手術でしか得られなかった美容効果を注射だけで得られる事から、手軽で簡単なプチ整形として注目される様になりました。効果期間は平均で半年程と永久的な効果はなく、定期的に施術し直す必要はありますが、再治療を受けない際は徐々に元に戻っていくので戻したい場合も安心です。ボトックス治療に使用される薬剤は、医療現場で顔面麻痺や不随運動の治療に使用されており安全性は立証されています。それが美容医療に転用され、世界中で認められ副作用の報告もありません。ダウンタイムもほぼなく、施術直後より普段通りの生活を送る事ができるので、次の日に出勤や通学も顔を隠す必要なくできます。忙しい現代社会を生きる方にとっても検討の価値が高い新しい美容整形術と言えます。

小顔ボトックス治療は美容クリニック等の美容医療を扱う医療機関で受ける事ができます。美容医療は疾病の治癒を目的とした医療ではないので、一般的な病院では受けられません。ボトックス治療は注目されており現在では一般的に普及している治療内容なので、美容医療を扱う機関の大半で受けられます。治療方法が注射だけの簡単な内容なのでどこのクリニックでも同じと考えるのは早計で、希望を安全に叶える為にはクリニック選びは重要です。注射をする場所は血管ではなく筋肉です。薬剤であるボツリヌストキシンは脳から筋肉への神経伝達物質を抑制する効果があり、それにより筋肉の緊張を緩和して小さくし、筋肉太りを解消するものです。その為、小顔を目指す為には正確に注射する必要があるのですが、顔の筋肉は表情筋がいくつも重なり合っており決して簡単に注射する事はできません。注入箇所を誤ると筋肉は他の部位とも連動しているので思わぬ副作用が起こる可能性もあります。薬剤であるボツリヌストキシンも注入量は一定ではなく状態や希望によって調節する判断力も医師には必要です。以上の事から安全に希望を叶える為にはクリニック選び、それ以上に医師選びが重要になります。美容クリニックで治療を受ける際は必ず医師とのカウンセリングが行われ、状態や希望を把握し、それに適した治療内容の提案を受けます。信頼できる医師かどうかは自身で判断する事にはなりますが、このカウンセリングは複数機関で受けても問題はありません。複数機関で受けて選抜する事は必須と言えます。また医師の腕は経験の差も含まれますので、美容医療及びボトックス治療の臨床経験が豊富であるか否かもクリニック選びの初期に調べる事は必須です。ホームページで経歴は確認できます。