美容医療を上手く利用するには医師選びが必須

顔を小さくするために

診察

費用や悩みの解決方法を知りたい

女性のコンプレックスには様々な種類があります。その中の一つに顔の大きさがあるでしょう。全員がモデルのように小さな顔に生まれれば別ですが、顔が小さくない人は小顔になりたいとコンプレックスを抱いていることがあります。このようにコンプレックスは、人間の表情から出てくることもありますが、いずれにしてもコンプレックスを解消すればその人は明るく生きることができるに違いありません。そこで、より前向きに生きるために小顔にする方法を知っておくとよいです。小顔にするといえば、美容整形をイメージする人が多いでしょう。確かに、美容整形の中でもエラ削りをすれば顔が小さくなります。ただ、この場合には顔を小さくなるものの正面から見た時の顔はそれほど小さくなりません。多くの場合、鏡に映った自分の顔を見てコンプレックスを感じっているのであり、横顔はそれほど問題ないわけです。そこで、正面から見た時の顔を小さくする場合にはボトックス注射を打つことで十分な効果を得ることが可能です。ボトックス注射を打つ場合には、一体どれぐらいの費用がかかるのでしょうか。ボトックス注射に関する費用ですが、注射一本当たり\10000から\20000と考えておくべきです。これは、美容整形の中でも比較的安い部類に入ります。少なくともエラ削りの1/5程度の費用になるため多くの人がボトックス注射を打ちたいと希望しているぐらいです。注射の本数は一度に2本から3本程度になりますそのため、技術料なども合わせておよそ\60000前後になるのが基本でしょう。

小顔にするための方法はさまざまありますが、そのうちの一つはボトックス注射になるでしょう。この注射を使えば、基本的に悩みごとを解決することができるようになります。そもそも、なぜ注射で小顔にして悩みごとを解決することができるかといえば、この注射を骨に働くのではなく筋肉に働き掛ける点が今までの手術方法と異なる点です。実は、エラがはっている人の多くは、筋肉が増大したことにより顔が大きく見えてエラが張っているように見えるわけです。そこで、これをなくすために筋肉の部分にボトックス注射を打ちこむことになります。そうすると、ボトックス注射の影響で筋肉が縮小していくでしょう。もともと注射の中に含まれているボツリヌス菌筋肉の中で活動し筋肉をまひさせるようにします。筋肉は、使わないと次第に小さくなりますので数日もすれば少しずつ変化が見えてきます。1か月もすれば、目に見えて小さく見えるようになるでしょう。このように、注射を2本から3本程度するだけで今まで長期的に悩んできた顔の大きさの問題を一気に解決することができてしまうわけです。簡単に問題解決をするならば、今すぐ美容クリニックなどに行きたいと考える人は多いはずです。ただ、気をつけておきたいことが二つあります。一つは、効果の持続期間です。効果の持続期間は、一般的に半年程度といわれていますので、半年経過した段階でもう一度注射を治すことが必要です。もう一つは、副作用が起こることがあり得る点です。特に、飲酒後や妊娠中は避けた方がよいでしょう。